愛知県の海釣りポイントを、それぞれ詳しく丁寧に解説するサイト『愛知県海釣りガイド』

●●●南知多方面●●●

【まるは新館裏】

ここではアイナメ、クジメ、メバル、カサゴが釣れます。
遠浅の岩礁帯が続き、立ち込み釣りのポイントとしてよく知られています。
ウエーダーをはき、渓流竿を持って岩から岩へと渡っていきます。
したがって大潮の干潮時が狙い目となります。

【師崎新堤】

ここでの先端部ではクロダイの紀州釣りが盛んで、クロダイ、アイゴ、マゴチ、アイナメ、
クジメ、メバル、カサゴ、ボラ、キス、カレイ、アオリイカ、マダコが釣れます。
敷石があったりかけあがりがあったり底に変化が多いので、ウキ釣りでは投入のたびにタナ
がちがってしまいますので注意しましょう。
そのためウキを使用しない脈釣りの方が有利かもしれません。
秋にはエギングでアオリイカを狙う人も多くいます。
駐車スペースが少ないので、漁業関係者の迷惑にならないよう気を付けましょう。

【内海新港&千鳥ヶ浜】

内海新港は公園として整備されておりトイレもありますので、ファミリーフィッシングにも
ぴったりのポイントです。
アジ、クロダイ、アイナメ、クジメ、メバル、カサゴ、タケノコメバル、カレイ、メゴチ、
キス、アオリイカが釣れ、ちょい投げでキス、サビキでアジ、エギングでアオリイカが狙え
るなど楽しんで釣りができるでしょう。
内海新港の隣に広がる千鳥ヶ浜も投げ釣りの好ポイントです。