愛知県の海釣りポイントを、それぞれ詳しく丁寧に解説するサイト『愛知県海釣りガイド』

●●●渥美半島●●●

【伊良湖港】

渥美半島の先端に位置しているため潮あたりがよく、いろいろな魚が集まるポイントです。
メインのポイントは断然赤灯台で、先端は常に釣り人がいて混みあっています。
周辺の伊良湖岬や恋路浜も眺めがよく観光スポットになっており、駐車場やトイレの心配は
いりませんが、灯台に行くまでの堤防が狭いので注意してください。
特に人気なのはクロダイで、他にはセイゴ、マゴチ、アオリイカ、カレイなどがよく釣れ、
大物があがることも。

【赤羽根港】

波は高いが魚影は濃い渥美半島で、唯一太平洋側に面した港が赤羽根港です。
太平洋側とあって波が強く、サーファーの姿も多く見られます。
海岸に面した船の出入り口の突堤周辺がポイントで、東の突堤の先端は潮当りもよく、グレ、
クロダイ、スズキなどが釣れます。
駐車場やトイレも遠くありませんので便利なのですが、堤防周辺や海岸線は波が高い日が
多いので注意が必要です。

【表浜】

ここではキス、メゴチ、イシモチ、セイゴ、クロダイ、アイナメなどが釣れます。
キスを狙うなら遠投が有利になることが多く、そんなときは最低でもシーバスロッドぐらい
がないと釣りになりません。
ポイントは広大なのですが投げ釣りの人気ポイントとなりますので、休日にはかなりの数の
キャスターが訪れます。
またこの辺りはサーフィンの絶好のポイントでもあるため、サーファーとのトラブルの無い
ように気を付けましょう。

【西の浜】

表浜の波が高い時には、西の浜へ移動してくる人が多いようです。
ここではキス、メゴチ、カレイ、アイナメ、カサゴ、メバルなどが釣れます。
夏にはたくさんのメゴチが釣れますが、キスは型の小さいものが多くいまいちです。
秋から春にかけてはカレイが釣れます。
また、沖のテトラ堤にマイボートで渡れば、根魚がたくさん釣れます。